10周年イヤーに贈る、原点に帰るファン・リクエストアルバム。
自身を見つめ直し、辿りついた先にある答え―
2012.10.17 RELEASE COCB-54001 \2,940(Tax in)
1. The Days of Wine and Roses
2. All of Me
3. Moon River
4. 砂とスカート
5. Moody's Mood for Love 
6. Theme from "TAXI DRIVER"
7. A Night in Tunisia ★
8. Sing Sing Sing~It Don't Mean A Thing
(If It Ain't Got That Swing)
9. Answer Saori yano  
10. Walz for Debby 
11. La Vie en Rose
12. You'd Be So Nice To Come Home To
13. Left Alone
14. ウイスキーが、お好きでしょ

★ Guest : Terumasa Hino (Tp)
Saori Yano (Alto Sax )
Toru Nakajima (Pf, Tb )
Ken Kaneko (Ba )
Nobuyuki Komatsu (Dr)
GUEST : Terumasa Hino (Tp)

アルバム『Answer』は、デビューから応援し続けてくれているファンへの感謝の気持ちを込め、ファンからのリクエスト投票により選定されたナンバーを中心に構成されており、さらに矢野自身による新曲「Answer」も加わった全14曲を満を持してレコーディング致しました。

さらにはゲストミュージシャンとして世界的JAZZトランペッター日野皓正氏を迎えるなど、新たな矢野沙織の魅力を引き出す多彩な選曲・構成となっております。
アルバムの注目曲は、ここ数年アンコールで必ず演奏している「ウィスキーが、お好きでしょ」。CMでお馴染みのポピュラリティのある曲でありながら、矢野がJAZZアレンジで吹くことで、より大人の音楽へと変わり、矢野の“聴かせるSAX”を存分に味わえます。「JAZZはお酒を飲みながら聞く大衆音楽」を象徴するかのようなこの曲がアルバムを牽引します。

今回の『Answer』は、ファンのリクエストに応えたという意味合いのタイトルになってはいるが、その裏には、この10年間の経験から出された、もうひとつの“Answer”が含まれてるに違いないと、聴き終えて思ったのだった。

中野俊成(放送作家・ジャズファン) ライナーノーツより

ページの先頭へ
11/18 sun 福岡
【時 間】 1st 15:30 OPEN 16:00 START / 2nd 18:30 OPEN 19:00 START
【料 金】 \6,800 (全席自由・整理番号順)
【チケット】 ■チケットぴあ インターネット抽選先行「プレリザーブ」
受付期間8月19日(日)11:00~8月26日(日)11:00迄
申し込みページはこちら
■チケットぴあ 福岡県内店頭先行発売 8月27日(月)~8月30日(木)
※受付対象店舗検索(対象店舗で直接購入できます)
申し込みページはこちら
■チケットぴあ インターネット抽選先行「プレリザーブ」2次受付
受付期間8月28日(火)11:00~8月31日(金)11:00迄 
申し込みページはこちら
【主 催】 RKB毎日放送 【企画制作】 /モンドラナミュージックエンタテイメント
【お問い合わせ】 RKB毎日放送メディア事務局コンテンツ事業部 092-852-6606
11/20 tue 大阪
【時 間】 1st 17:30 OPEN 18:30 START / 2nd 20:30 OPEN 21:30 START
【料 金】 料金 / 自由席 \6,500 Casual \5,000(1DRINK付)
【予約受付開始】 Club BBL会員先行:9/13(木)、一般:9/20(木)
【ご予約お問合せ】 06-6342-7722
11/21 wed 名古屋
【時 間】 1st 17:30 OPEN 18:30 START / 2nd 20:30 OPEN 21:15 START
【料 金】 \5,800
【予約受付開始】 名古屋BNメンバーズ:9/20(木) 一般:9/27(木)
【ご予約・チケット購入】 電話予約 052-961-6311(平日11:00~20:00/土日祝休業)
インターネット予約 http://www.nagoya-bluenote.com/ (24時間受付)
携 帯 予 約   http://www.nagoya-bluenote.com/i (24時間受付)
電子チケットぴあ  0570-02-9999 (Pコード : 177-953)
12/5 wed 東京
【時 間】 OPEN 18:00 START 19:30
【料 金】 \5,800(税込)、(フード・ドリンク別)
来店順の自由席、整理券の発行は無し。一部関係者エリア有り
【予約受付開始】 9/1~ STB、ぴあ・ローソン
【ご予約・チケット購入】 ●STB139 スイートベイジル:TEL03-5474-0139、HP: http://stb139.co.jp/
●ローソンチケット:ローソン店頭(Loppi)及び http://l-tike.com
Special Guest 日野皓正(tp)
ページの先頭へ
矢野沙織
矢野沙織

1986年東京都出身。
9歳の時にブラスバンドでアルト・サックスを始める。チャーリー・パーカーに衝撃を受けジャズに傾倒、14歳でビリー・ホリデイの自叙伝に感銘し、自らジャズクラブに出演交渉を行ってライブ活動をスタート。ジャズの名門SAVOYレーベル日本人アーティスト第2弾として2003年9月、16歳でセンセーショナルなデビューを飾る。モダン・ジャズの起源である“ビ・バップ”に真摯に取り組み、日本にとどまらずニューヨークでもライブを重ね、着実に評価を高めている。マイルス・デイビスとの活動で知られるジミー・コブと共演した際には、「日本のキャノンボール・アダレイ」と絶賛。その他にも、スライド・ハンプトンやジェームズ・ムーディなど巨匠ディジー・ガレスピーのオールスターズと共演を果たす。また、花王“ASIENCE”の新たなアジアンビューティとしてCMに登場するなど、ジャズの枠を超えて広く注目を集めた。今年、デビュー10周年を迎え、10枚目となるアルバム「Answer」をレコーディングした。

Saori Yano Official HP
Facebook

日野皓正
日野皓正

1942年東京生まれ。
9歳よりトランペットをはじめ13歳の頃にはダンスバンドで活動。デビュー以降”ヒノテル・ブーム”と騒がれるほどの注目を集める。‘75年 活動拠点をNYに移し、数多くのミュージシャンと活動。アルバムセールスにおいてはジャズの枠を越えたセールスを数々記録する。近年は公演の他、絵画や後進の指導にも情熱を注いでいる。 唯一無二のオリジナリティと芸術性の高さを誇る日本を代表する国際的アーティストである。

日野皓正 Official HP

※12/5(水)東京公演のみ

中島徹
中島徹

ピアノ奏者、トロンボーン奏者、アレンジャー。
ジャズに始まりラテン・ブラジル音楽にも傾倒、ブルースや日本語の唄ものまで種々雑多に、 関西と関東を軸にあまたのバンド・セッションに関わる。 ヴォーカリストとのコラボレーションも数多い。 関西の名門ビッグバンド・アロージャズオーケストラにトロンボーン奏者として長年在籍中。
'01年と'02年、自己のリーダープロジェクト“はぽにやす”でヨーロッパ7ヵ国10都市にて公演、好評を博す(国際交流基金派遣)。 '07年、CD付きソロピアノ楽譜集「プロフェッショナル・ジャズ・ピアノ」を出版。 アルバムへの参加も多種・多数にわたる。

Toru nakajima Official HP

金子健
金子健

1964年、東京生まれ。
国立音楽大学卒業後演奏活動をはじめ、同時に高校の音楽講師も6年間つとめる。 ‘93年、岡安芳明(g)『Midnight Groove』に参加後、山本剛(p)、大隅寿男(ds)等、多くのミュージシャンと共演。参加したアルバムも多数。2005年より、リーダートリオKen's Trio で3枚の作品を発表。2007年以降は山下洋輔(p)Special Big Band、寺井尚子(vln)カルテット、矢野沙織(as)カルテット等のツアーにも参加。2010年5月には、ベニー・グリーン(p)、井上智(g)とのユニット「KBS TRIO」のアルバム『What Am I Here For』も発売され、スイングジャーナル誌「ゴールドディスク」を受賞。2012年10月 2nd CD『Resonance』も発売される。 また、2006年より国立音楽大学非常勤講師も務め、後進の指導にもあたっている。

Ken Kaneko Official HP

小松 伸之
小松 伸之

1977年生まれ
音楽好きの父親のもと、いろいろな楽器に囲まれて育つ。ドラムを始めたのは高校生のとき、その後大学生時代にジャズドラムを原大力氏に師事。98年椎名豊(pf)のバンドでプロ活動を開始、山口真文(ts)、辛島文雄(pf)らベテランミュージシャンや、五十嵐一生、akiko、矢野沙織、秋田慎治 など、様々なバンドにて活動。  また、ジェームス,ムーディー(ts)、スライド,ハンプトン(tb)、ランディーブレッカー(tp)との共演歴もあり。  現在、自己のバンドgravityも活動中。

Nobuyuki Komatsu Official HP

ページの先頭へ