Album

Little Tiny
Little Tiny

2007年11月21日発売 COCB-53685 ¥2,940(税込)

 

  1. My Baby Shot Me Down (Saori Yano)
    東京国際シネシティ・フェスティバル2007テーマ曲
  2. Split Kick (Horace Silver)
  3. (They Long To Be) Close To You (Burt Bacharach)
  4. She Rote (Charlie Parke)
  5. Velvet Easter (Yumi Arai)
  6. Boplicity (Cleo Henry)
  7. Pardon Lucy (Saori Yano)
  8. K.C. Blues (Charlie Parker)
  9. Danny Boy (Irish Folk Song)
  10. Take The A Train with Hibari Misora

Saori Yano 矢野沙織(アルト・サキソフォン)
Doctor Lonnie Smith ロニー・スミス(ハモンドオルガン)
Peter Bernstein ピーター・バーンスタイン(ギター)
Lewis Nash ルイス・ナッシュ(ドラムス)

Track10
Hibari Misora 美空ひばり(ヴォーカル)
Saori Yano 矢野沙織(アルト・サキソフォン)
Yuta Kaneko 金子雄太(ハモンドオルガン)
Yoshihiko Hosono 細野よしひこ(ギター)
Nobuyuki Komatsu 小松伸之(ドラムス)

16歳での衝撃のデビューから4年、花王アジエンスのCM出演でも話題をふりまいた矢野沙織の新作が届けられました。若さに似合わず、あくまでもストレート・アヘッドなビ・バップを追求する彼女の姿勢に多くのジャズ・ファンが「未来の大器」として大きな期待を寄せています。そしてCM出演をきっかけに確実に彼女のファン層は若い世代にも広がっています。6月にリリースされたベスト盤の大ヒットを受けて、再び彼女はニューヨークのクリントン・スタジオに飛び、ジャズ・オルガン界の大御所ロニー・スミスと共に、新作をレコーディングしました。地に足をつけてジャズに取り組む彼女がライブなどで取り上げてきたジャズ・スタンダードに、カーペンターズでおなじみのポピュラー・スタンダード「遙かなる影(クロース・トゥ・ユー)」をジャズ・アレンジ。また荒井由実の「ベルベット・イースター」を取り上げるなど、新境地も開拓しています。そしてSpecial Tribute Trackとして美空ひばり17歳の歌唱と共演した「A列車で行こう」を収録!!