DISCOGRAPHY

New Release

Bubble Bubble Bebop
2015年04月22日発売 COCB-54166 ¥2,800+税

  1. 1.Blowin' The Blues Away (Horace Silver)
  2. 2.Bluebird (Charlie Parker)
  3. 3.Puerto Rico~砂とスカート (Edward Palmieri~矢野沙織)
  4. 4.Betty Et Zorg(Betty Blue) (Gabriel A. Yared)
  5. 5.Mercy, Mercy, Mercy (Josef E. Zawinul)
  6. 6.Bayou (James O. Smith / Jimmy Smith)
  7. 7.Avalon (Vincent Rose)
  8. 8.Bye Bye Babylon (矢野沙織)
  9. 9.Confirmation (Charlie Parker)

矢野沙織(as) 中島徹(p) 中村健吾(b) 小松伸之(ds) : M1、2、4、5、6、7、8、9
元晴(ts : SOIL&"PIMP"SESSIONS) タブゾンビ(tp : SOIL&"PIMP"SESSIONS) : M5
サルサスインゴサ : M3

ビ・バップからファンキー・ジャズ、そしてキューバンラテンまで、矢野沙織の真剣な歌心と遊び心が交錯するバブル・バブル・ビバップ

機軸は“Bebop”にすえながらも、今の矢野沙織の音を最大限に活かしたファンキー・ジャズのいいところ、キューバンラテン要素の美味しいところを盛り込んだ、バブルの如く湧き出るサックススパークリングなパッション・ジャズを聴かせます。 ジャズの枠を超え人気を博している“Soil & Pimp Sessions”のメンバー、元晴(ts)、タブゾンビ(tp)、さらには、日本のキューバンラテンの重鎮バンド、サルサスインゴサのリーダーでありパーカッショニストの第一人者の大儀見元、そしてサルサスインゴサのメンバーがアルバムに参加!新たなパッションとグルーヴが矢野沙織を強力にバックアップします。


Album

ANSWER
2012年10月17日発売 COCB-54001 2,940円(税込)

  1. The Days of Wine and Roses
  2. All of Me
  3. Moon River
  4. 砂とスカート
  5. Moody's Mood for Love
  6. Theme from "TAXI DRIVER"
  7. A Night in Tunisia ★
  8. Sing Sing Sing~It Don't Mean A Thing(If It Ain't Got That Swing)
  9. Answer
  10. Walz for Debby
  11. La Vie en Rose
  12. You'd Be So Nice To Come Home To
  13. Left Alone
  14. ウイスキーが、お好きでしょ ★
★Guest: Terumasa Hino(Tp)

As:Saori Yano
Pf: Toru Nakajima
Ba: Ken Kaneko
Ds: Nobuyuki Komatsu
Guest: Terumasa Hino(Tp)

*楽曲試聴はこちら

10周年イヤーに贈る、原点に帰るファン・リクエストアルバム。
自身を見つめ直し、辿りついた先にある答え?

アルバム『Answer』は、デビューから応援し続けてくれているファンへの感謝の気持ちを込め、ファンからのリクエスト投票により選定されたナンバーを中心に構成されており、さらに矢野自身による新曲「Answer」も加わった全14曲を満を持してレコーディング致しました。さらにはゲストミュージシャンとして世界的JAZZトランペッター日野皓正氏を迎えるなど、新たな矢野沙織の魅力を引き出す多彩な選曲・構成となっております。
アルバムの注目曲は、ここ数年アンコールで必ず演奏している「ウィスキーが、お好きでしょ」。CMでお馴染みのポピュラリティのある曲でありながら、矢野がJAZZアレンジで吹くことで、より大人の音楽へと変わり、矢野の“聴かせるSAX”を存分に味わえます。「JAZZはお酒を飲みながら聞く大衆音楽」を象徴するかのようなこの曲がアルバムを牽引します。

今回の『Answer』は、ファンのリクエストに応えたという意味合いのタイトルになってはいるが、その裏には、この10年間の経験から出された、もうひとつの“Answer”が含まれてるに違いないと、聴き終えて思ったのだった。
中野俊成(放送作家・ジャズファン) ライナーノーツより


BEBOP AT THE SAVOY
2010年1月20日発売 COCB-53903 2,940円(税込)

  1. The Kicker* (Joe Henderson)
  2. Sweet Cakes* (Blue Mitchell)
  3. Blues Walk (Lou Donaldson)
  4. You'd Be So Nice to Come Home To (Cole Porter)
  5. S' Wonderful (George Gershwin)
  6. Lullaby of Birdland* (G. Shearing-G. Weiss)
  7. Olive Refractions* (Norman Simmons)
  8. Stardust (H. Carmichael-M. Parish)
  9. Five Spot After Dark (Benny Golson)
  10. How High the Moon* (M. Lewis-N. Hamilton)
  11. [BONUS TRACK]
    Laura Peacock〜太陽の船のテーマ (Saori Yano)

As:Saori Yano
Gt: Randy Johnston
Org: Pat Bianchi
Tp: Jim Rotondi*
Ds: Fukushi Tainaka
2009.11.10~11
N.Y.シアー・サウンド・スタジオにてREC

*楽曲試聴はこちら

ビリー・ホリデイに捧げた前作「GLOOMY SUNDAY」から1年、矢野沙織の原点とも言える、50年代のジャズ黄金期の楽曲をニューヨークで活躍する気鋭のミュージシャン達を従え、ストレートアヘッドに聴かせます。まさに矢野沙織の本領発揮のアルバムといえるでしょう。SAVOY JAZZの代表的名曲「Five Spot After Dark」も収録。ボーナス・トラックとしてTBS系「吉村作治の太陽の船☆復活」(2009.12.20 O.A.)のテーマ曲[MEMBER:市川秀男(Piano), 井上富雄(Bass), 山木秀夫(Drums), 尾上サトシ(Guitar), 斎藤ネコ(Violin), 佐藤芳明(Accordion), Whacho(Percussion) 2009.11 ワンダーステーションにてREC ]を収録。


GLOOMY SUNDAY Tribute To Billie Holiday
2008年12月3日発売 COCB-53752 ¥3,000(税込) ※高音質CD「HQCD」採用

  1. Don't explain
  2. Yesterdays
  3. Lover Man
  4. Everything Happens To Me
  5. Night & Day
  6. Summertime
  7. Gloomy Sunday
  8. Strange Fruit
  9. Left Alone

Saori Yano 矢野沙織(アルト・サキソフォン)
Masaki Hayashi 林正樹(ピアノ) Track 1
Yuta Kaneko 金子雄太(ハモンドオルガン) Tracks 3,4,5,7,9
Tomio Inoue 井上富雄(ベース) Tracks 5,6
Yoshihiko Hosono 細野よしひこ(ギター) Track 7
Masahiro Tajika 田鹿雅裕(ドラムス) Tracks 1,3,5,7,9
Great Eida Strings グレート栄田ストリングス(ストリングス) Tracks 1,3,5,7,9
Tomoyuki Asakawa 朝川朋之(ハープ) Track 2
Neko Saito 斎藤ネコ(バイオリン) Tracks 6,8
Natsuki Kido 鬼怒無月(ギター) Track 8
Hideo Ichikawa 市川秀男(ピアノ) Track 8

*楽曲試聴はこちら

溢れる歌心
敬愛するビリー・ホリデイに捧げる渾身のPLAY
ビリー・ホリデイ没後50年記念企画
GLOOMY SUNDAY 矢野沙織 Tribute To Billie Holiday
2009年に没後50年となる偉大なジャズ歌手ビリー・ホリデイ。矢野沙織にとっては、14歳の時にビリー・ホリデイの伝記を読んだことが、ジャズの世界に入るきっかけともなっており、最も尊敬するジャズシンガーです。そのビリーのレパートリーを、斎藤ネコのアレンジによる豪華なストリングス・オーケストラをバックに、矢野沙織が、その独特の音色と歌ごころのアルト・サックスで謳いあげるトリビュート・アルバムが完成しました。これはまさに21世紀からのビリーへのオマージュです。尚、今作は矢野沙織にとって初めての高音質HQCD仕様となっています。
斎藤ネコ(編曲・サウンドプロデュース)


Little Tiny
2007年11月21日発売 COCB-53685 ¥2,940(税込)

  1. My Baby Shot Me Down (Saori Yano)
    東京国際シネシティ・フェスティバル2007テーマ曲
  2. Split Kick (Horace Silver)
  3. (They Long To Be) Close To You (Burt Bacharach)
  4. She Rote (Charlie Parke)
  5. Velvet Easter (Yumi Arai)
  6. Boplicity (Cleo Henry)
  7. Pardon Lucy (Saori Yano)
  8. K.C. Blues (Charlie Parker)
  9. Danny Boy (Irish Folk Song)
  10. Take The A Train with Hibari Misora

Saori Yano 矢野沙織(アルト・サキソフォン)
Doctor Lonnie Smith ロニー・スミス(ハモンドオルガン)
Peter Bernstein ピーター・バーンスタイン(ギター)
Lewis Nash ルイス・ナッシュ(ドラムス)

Track10
Hibari Misora 美空ひばり(ヴォーカル)
Saori Yano 矢野沙織(アルト・サキソフォン)
Yuta Kaneko 金子雄太(ハモンドオルガン)
Yoshihiko Hosono 細野よしひこ(ギター)
Nobuyuki Komatsu 小松伸之(ドラムス)

*楽曲試聴はこちら

16歳での衝撃のデビューから4年、花王アジエンスのCM出演でも話題をふりまいた矢野沙織の新作が届けられました。若さに似合わず、あくまでもストレート・アヘッドなビ・バップを追求する彼女の姿勢に多くのジャズ・ファンが「未来の大器」として大きな期待を寄せています。そしてCM出演をきっかけに確実に彼女のファン層は若い世代にも広がっています。6月にリリースされたベスト盤の大ヒットを受けて、再び彼女はニューヨークのクリントン・スタジオに飛び、ジャズ・オルガン界の大御所ロニー・スミスと共に、新作をレコーディングしました。地に足をつけてジャズに取り組む彼女がライブなどで取り上げてきたジャズ・スタンダードに、カーペンターズでおなじみのポピュラー・スタンダード「遙かなる影(クロース・トゥ・ユー)」をジャズ・アレンジ。また荒井由実の「ベルベット・イースター」を取り上げるなど、新境地も開拓しています。そしてSpecial Tribute Trackとして美空ひばり17歳の歌唱と共演した「A列車で行こう」を収録!!


YANO SAORI BEST ~ジャズ回帰~
2007年6月20日発売 COZY-263-4 ¥2,940(税込) ゴールドディスク大賞 ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞

CD

  1. Donna Lee (Charlie Parker)
  2. 砂とスカート (矢野沙織)
  3. Crazy He Calls Me (Carl Sigman & Bob Russell)
  4. Rizlla (矢野沙織)
  5. In A Sentimental Mood (Duke Ellington)
  6. Manteca (Dizzy Gillespie)
  7. I & I (矢野沙織)
  8. Greenism (矢野沙織)
  9. My Ideal (Richard A. Whiting & Newell Chase)
  10. How To Make A Pearl (矢野沙織)
  11. Lover Man (Roger Ram Ramirez & Jimmy Davis)
  12. Tico Tico (Zequinha Abreu)
  13. Open Mind (松永貴志)

特典DVD

  1. I & I (プロモーション・ビデオ)
  2. Greenism (プロモーション・ビデオ)
  3. I Got Rhythm (SMOKEでのライブ映像)
  4. Rizlla (プロモーション・ビデオ)
  5. How To Make A Pearl (プロモーション・ビデオ)
*楽曲試聴はこちら

16歳での衝撃のデビューから4年、20歳を迎えた矢野沙織の初ベスト・アルバムです。若さに似合わず、あくまでもストレート・アヘッドなビ・バップを追求する彼女の姿勢に多くのジャズ・ファンが「未来の大器」として大きな期待を寄せています。 そんな彼女をCM業界が放っておくはずはなく、本人出演による、花王のヘアケア用品“アジエンス”のCMのタイアップも決定しました。(5月14日よりO.A.)これを機に、より多くの人に矢野沙織のエッセンスを知っていただこうと企画したベスト盤です。


Groovin' High
2006年10月18日発売 COCB-53576 ¥2,940(税込)

  1. Speak Low (Kurt Weill) / with Slide Hampton & Randy Brecker
  2. Manteca (Dizzy Gillespie) / Full Band
  3. My Ideal (Richard A Whiting & Newell Chase) / Quartet
  4. Greenism (矢野沙織) / Quartet
  5. Over The Rainbow (Harold Arlen) / Quartet
  6. Groovin' High (Dizzy Gillespie) / Full Band
  7. Corcovado (Antonio Carlos Jobim) / with James Moody & Gary Smulyan
  8. There Will Never Be Another You (Harry Warren & Mack Gordon) / with James Moody
  9. Billie's Bounce (Charlie Parker)/ with James Moody
  10. 浜辺の歌 (成田為三) / Full Band

Saori Yano (Alto Saxophone)
James Moody (Tenor Saxophone & Flute)
Jimmy Heath (Tenor Saxophone)
Randy Brecker (Trumpet)
Slide Hampton (Trombone)
Gary Smulyan (Baritone Saxophone)
Masaaki Imaizumi (Piano)
Ray Drummond (Bass)
Adam Nussbaum (Drums)

録音:2006年7月22−23日 Clinton Studio (New York)

*楽曲試聴はこちら

今年10月27日に20歳の誕生日を迎える矢野沙織の、10代の総決算と20代のスタートを飾るアルバム。
テーマは、アンサンブルでのジャズ表現。ジェームズ・ムーディー(ts)、ランディ・ブレッカー(tp)、ジミー・ヒース(ts)、スライド・ハンプトン (tb)、アダム・ナシュバウム(ds)など、彼女の敬愛するディジー・ガレスピーのビッグバンドを彷彿とさせる大物を迎え、ジャズ・スタンダードを収録中心に収録しました。最高齢81歳の巨匠たちを従え、のびのびと自身を表現する矢野沙織の大器ぶりに、是非ご注目ください。


PARKER'S MOOD
2005年11月23日発売 COCB-53434 ¥2,940(税込)

  1. I Got Rhythm (George Gershwin)
  2. The Days Of Wine And Roses (Henry Mancini)
  3. Composition 101 (Jimmy Cobb)
  4. Don't Explain (Arthur Herzog Jr/Billie Holiday)
  5. Parker's Mood (Charie Parker)
  6. Bohemia After Dark (Oscar Pettiford)
  7. A Night In Tunisia (Dizzy Gillespie/Frank Paparelli)

Saori Yano (alto saxophone)
Richard Wyands (piano)
John Webber (bass)
Jimmy Cobb (drums)
Recorded Live on July 25, 2005 at SMOKE Jazz Club & Lounge, New York

*楽曲試聴はこちら

女子高生ジャズ・サックス・プレイヤーとして衝撃のデビューをして2年。テレビ朝日系「報道ステーション」のテーマを担当するなど、着実にステップアップを続けてきた矢野沙織が、本年3月の高校卒業とともに、世界進出を視野に入れた活動を開始しました。本年3月にリリースされた「SAKURA STAMP」の発売記念ツアーで共演したベテラン・ドラマー、ジミー・コブが彼女のプレーを大絶賛。「サオリは日本のキャノンボールだ」と語る彼の言葉は、そのキャノンボールともマイルス・デイヴィス・グループなどで共演しているだけに、重みがあります。そのジミー・コブの招きにより、ニューヨークのライヴ・ハウスSMOKE Jazz Club&Loungeでの、単独での初ライヴが実現しました。7月24,25日の2日間に亘って行われたライヴでは、その年齢に似合わない堂々としたプレーぶりでニューヨークっ子をも驚嘆させました。そしてこの公演をレコーディングしたライヴ・アルバムが、満を持して登場します。彼女のデビュー以来2年間の集大成として、そのホットな演奏は、全ジャズファン必聴と言っても過言ではありません。


SAKURA STAMP
2005年3月23日発売 COCB-53320 ¥2,940(税込)

  1. Donna Lee*
  2. Sweet Love Of Mine**
  3. SAKURA Stamp (オリジナル)
  4. Shawnuff*
  5. Red House
  6. Crazy He Calls Me
  7. けむりの瞳(オリジナル)
  8. Salt Penauts*
  9. Tico Tico
  10. Sk8 Game(オリジナル) **
  11. 砂とスカート with Alex Cuba Band (ボーナス・トラック)

Saori Yano (Alto Saxophone)
Nicholas Payton (Trumpet)*
Eric Alexander (Tenor Saxophone)**
Peter Bernstein (Guitar)
Mike LeDonne (Hammond Organ)
Joe Farnsworth (Drums)

*楽曲試聴はこちら

アメリカのトップ・ミュージシャンを迎えて、堂々たるリーダーセッションを行った、第3弾。
ますます深みを増した音色が、ジャズの醍醐味を味わわせてくれる会心作!


02
2004年5月26日発売 COCB-53231 ¥2,940(税込)

  1. レアード・ベアード (Charlie Parker)
  2. 砂とスカート (矢野沙織)
  3. ラヴァー・マン (Ram Ramirez / Jimmy Davis)
  4. リズラ (矢野沙織)
  5. 酒とバラの日々 (John Mercer/Henry Mancini)
  6. ワーク・ソング (Oscar Brown/Nat Adderley)
  7. ザイオン (矢野沙織)
  8. スクラップル・フロム・ジ・アップル (Charlie Parker)
  9. エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー (Tom Adair/Matt Dennis)
  10. ビリーズ・ホリデイ (矢野沙織)
  11. [BONUS TRACK]
    オープン・マインド (松永貴志)

矢野沙織 (alto saxophone)
Harold Mabern (piano)
Nat Reeves (bass)
Joe Farnsworth (drums)
Peter Bernstein (guitar)*
Eric Alexander (tenor saxophone)**
Recorded on 2nd &3rd April 2004 at Avatar Studio No.1

Mixed on 12th - 14th April 2004 at Columbia Akasaka Studio

*楽曲試聴はこちら

YANO SAORI
2003年9月25日発売 COCB-53061 ¥2,940(税込)

  1. Confirmation (Charlie Parker)
  2. Blue Bossa (Kenny Dorham)
  3. When You're Smiling (Mark Fisher,Joe Goodwin & Larry Shay)
  4. How To Make A Pearl (Saori Yano)
  5. My Little Suede Shoes (Charlie Parker)
  6. Black Orpheus (Luiz Bonfa)
  7. Bohemia After Dark (Oscar Pettiford)
  8. Mamaduke (Charlie Parker)
  9. Hoyden (Saori Yano)
  10. In A Sentimental Mood (Duke Ellington)
  11. It Could Happened To You (Johnny Brurke & Jimmy Van Heusen)
*楽曲試聴はこちら


Single

I & I
2007年6月20日発売 COCY-15999 ¥1,000(税込) 花王アジエンスCM曲

  1. I & I
    花王アジエンスCM曲
  2. Sweet Love Of Mine
  3. Everything Happens To Me
*楽曲試聴はこちら

全国でオンエアーされていた、花王“ASIENCE”CM。 矢野沙織はこのCMのために書き下ろした新曲、それがこの 『 I & I 』 です。彼女はこのCMの撮影を無事に終え、こんな感想を持ちました。

--- 素直に、私にとってCM出演なんぞは夢にすら見ない非現実の出来事でした。「ロサンゼルスで撮影」「実際のライブハウスでのロケ」…などと次々と決まる素敵なスケジュールに実感はありませんでした。いやいや。実感どころか不安でたまらなくなり自然な笑顔をもって撮影に臨めるかどうか、かなり自信がありませんでした。けれどいざ撮影に入ったら、監督はもちろんスタッフの皆さんが個々に周りを気遣いつつ黙々と自分自身の「仕事」をこなす。その上当たり前の様にかなりいい仕事をしているなあ、と呑気に思っているうちにハッとさせられました。せめて監督はじめスタッフの方々が私について予測してくれた事はこなしたい、こなさなくては。と強く思えるようになりました。それからは本当に楽しく真剣に撮影することができました。この撮影を通して素晴らしい経験をしたのはもちろん、人の笑顔と真摯な姿勢を目の当たりにすれば自らもせめて真似事くらいは必死でできるということを学びました。 ---  矢野沙織



OPEN MIND
2004年5月19日発売 TOCP-40174 ¥1,100(税込) テレビ朝日系「報道ステーション」テーマ曲

  1. オープン・マインド(オリジナルTVヴァージョン)/ Open Mind -original TV version
  2. オープン・マインド(松永貴志ヴァージョン)/ Open Mind -Takashi Matsunaga version
  3. オープン・マインド(矢野沙織ヴァージョン)/ Open Mind -Saori Yano version

テレビ朝日系「報道ステーション」テーマ曲。
それぞれのアーティストによる別ヴァージョンも収録。



L P

Groovin' High
2007年1月24日発売 COJY-9221 ¥3,990(税込)

A-1.
Speak Low (Kurt Weill)
A-2.
Manteca (Dizzy Gillespie)
A-3.
My Ideal (Richard A Whiting & Newell Chase)
B-1.
Greenism (矢野沙織)
B-2.
Groovin' High (Dizzy Gillespie)
B-3.
Over The Rainbow (Harold Arlen)